メルセデス・ベンツ・スプリンターがトイレとバー付きの豪華なオフィスに変身

メルセデス・ベンツ・スプリンターがトイレとバー付きの豪華なオフィスに変身 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

バンライフの意味するところは、人によってさまざまです。しかし、自宅から離れた小さな家、つまりこの場合はオフィスに興味があるなら、このメルセデス・ベンツ・スプリンターに憧れることでしょう。

パッと見ただけで、普通の運搬車とは違うことがわかります。名チューナーとして知られるクラッセンのシグネチャーが刻まれたこのスプリンターは、バリスティックプロテクションが施された、運転手付きのモバイルオフィスです。

バー&コーヒーメーカー付き

メルセデス・ベンツ・スプリンターがトイレとバー付きの豪華なオフィスに変身

ドライバーと後方の座席を隔てるパーティションウォール。シートは4人掛けで、座り心地もよさそうです。高級レザーに包まれたシートは、電動調節機能、ヒーター&ベンチレーション機能を備えています。

バーがあるので、冷たい飲み物も飲めますし、コーヒーメーカーも内蔵されています。すべての窓にはブラインドが設置され、アンビエントモードでよりリラックスしたドライブを楽しむことができます。

スポンサーリンク

改造にはおよそ2〜3ヶ月かかる

メルセデス・ベンツ・スプリンターがトイレとバー付きの豪華なオフィスに変身

重要な書類には、折り畳み可能なシート間に設置されたテーブルでサインをすることができます。また、小型のタブレットを数台用意し、車内のさまざまな機能を操作することができます。

現代の建築物には大型スクリーンが必要ですが、クラッセンはパーティションウォールに大型テレビを組み込んで、この項目もチェックしています。

トイレも専用トイレとシンクを備えているので、車を停めてトイレに行く必要はありません。デッキには数多くの収納スペースがあり、シートはベッドにすることができます。

クラッセンのメルセデス・ベンツ スプリンターは、色合いの違う革を貼ったり、他のレイアウトも可能です。同社によると、改造にはおよそ2〜3ヶ月かかるそうです。

スプリンターとは

メルセデス・ベンツ・スプリンターがトイレとバー付きの豪華なオフィスに変身

スプリンターは、メルセデス・ベンツが生産・販売する商用車です。現行のVS30は2018年に発表されたモデルで、2.0~3.0 リッターのディーゼルエンジンを搭載しています。

また、2020年5月からeSprinterという名前で電動ドライブを搭載したモデルが発売されています。

正規輸入されていませんが、日本でも輸入しキャンピングカー仕様などにカスタムするショップもあります。

画像出典:クラッセン

メルセデス ベンツ Mercedes Benz セレクト フォー メン EDT SP 100ml
メルセデス・ベンツ
¥9,900 (¥99 / ミリリットル)(2024/07/24 13:22時点)
メルセデス・ベンツ マンオードトワレ 100mL
メルセデス・ベンツ
¥5,689 (¥57 / ミリリットル)(2024/07/23 22:50時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
タイトルとURLをコピーしました