フェラーリ ラ・フェラーリの後継車のスパイショット

フェラーリ ラ・フェラーリの後継車のスパイショット コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

フェラーリ ラ・フェラーリのハイブリッドV8後継車のカモフラージュをまとったテスト車両のスパイショットが公開されました。

コードネーム F250

フェラーリ ラ・フェラーリの後継車のスパイショット

F250というコードネームが与えられたフェラーリの最新のミッドシップハイパーカーは、 フェラーリが以前発表した2026年までに発売予定の15の新しいモデルの1つであり、プラグインハイブリッドを採用する同社初のフラッグシップモデルです。

YouTubeにアップロードされた動画で、スパイビデオグラファーの「Varryx」は、プロトタイプがイタリアのフェラーリ本社近くの公道でゆっくりと運転されている様子を捉えました。

スポンサーリンク

エクステリアの特徴

フェラーリ ラ・フェラーリの後継車のスパイショット

エクステリアのデザインは既存のフェラーリのスーパーカーとは一線を画すように見えますが、テスト車両には、ラ・フェラーリのキャビン、296のヘッドライト、SF90のテールライトなど、フェラーリの最近のモデルレンジとは異なるパーツが組み込まれているようです。

アグレッシブな空力要素が豊富にあり、フロントバンパー全体、リアホイールアーチ、エンジンカバーの上に大きなエアインレットとスクープが見て取れます。テスト車両のリア周りには、巨大なリアウィング、バンパーの中央セクションから出るデュアル エキゾーストパイプ、巨大なリアディフューザーが存在感を放ち、迷彩でもほとんど隠しきれていません。

30年以上ぶりの非V12エンジン

フェラーリ ラ・フェラーリの後継車のスパイショット

フェラーリが新車をカモフラージュするために古い部品を使用したのはこれが初めてではありません。3台のラフェラーリのテスト車両のうち2台は、458イタリアのプラットフォームをベースにしており、ヘッドライトとリアライトを利用していました。

カモフラージュは車体の細部を隠しますが、黄色と黒のステッカーは、この車がガソリンエンジンに加えてプラグインハイブリッドシステムによって動力を供給されていることを示しています。

このラフェラーリの後継車両にはツインターボチャージャー付きV8エンジンとプラグインハイブリッド システムによって駆動されると予想されていますが、詳細はまだ発表されていません。

フェラーリがフラッグシップモデルに非V12エンジンを採用するのは、1992年にツインターボV8搭載のF40の生産が終了して以来、30年以上ぶりとなります。

イタリアのブランドの後続の最高級スーパーカーである F50、エンツォ、ラ フェラーリは、V12 エンジンのみを搭載しており、後者は2013年に同社初のハイブリッド車になりました。

また、ハイパーカーは、F1 チームや今後のル・マン プログラムなど、フェラーリのモータースポーツ事業からの技術とスタイリングの影響を特徴とすることが期待されています。

出典:Varryx

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました