【羊の皮を被った狼】SR20にスワップされ、10倍のパワーを手に入れた日産マイクラ

【羊の皮を被った狼】SR20にスワップされ、10倍のパワーを手に入れた日産マイクラ コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ラリー・チェンは、自動車コンテンツ制作の分野で優れたクリエイターとして知られています。彼はビcデオグラファー兼写真家として、フーニガンや故ケン・ブロック氏と協力し、YouTubeで印象的なチューニングカーとその背後にいる人々を紹介するコンテンツを制作しています。最近の動画では、チェンはオーストラリアのシドニー・モータースポーツ・パークで開催されたワールド・タイム・アタック・イベントを取材し、そこで目に留まった特別な日産マイクラを紹介しています。

このマイクラの所有者であるショーン・オースティンは、自分の車を「手に負えなくなったジョークカー」と表現しています。この車にはSR20エンジンが搭載されており、純正の状態と比べて約10倍の出力を発揮します。

60馬力から約550馬力へ

【羊の皮を被った狼】SR20にスワップされ、10倍のパワーを手に入れた日産マイクラ

この日産マイクラは、元々は友人の所有する非稼働状態の車でした。オースティンはこの車を譲り受け、最初の問題である燃料ポンプを修理しました。この簡単な修理がオースティンを改造の道へと導き、最終的には日産SR20エンジンの搭載に至りました。当初のマイクラは1.3リットルエンジンで60馬力しかありませんでしたが、その軽量性は既に「羊の皮を被った狼」としての潜在能力を秘めていました。

オースティンは改造前にマイクラの重量を測定し、わずか770kgだったことが分かりました。彼は日産プリメーラのSR20エンジンを日本から米国経由でオーストラリアに輸入しました。このエンジンは、NEO VVL技術を採用しており、ホンダのVTEC技術に匹敵する日産の技術です。この技術により、高回転域での性能が向上し、低回転域での燃料効率が向上しました。

マイクラはさらなる改造を必要とし、新しいトランスミッションとフロントエンドの大幅な変更が加えられました。オースティンによれば、出力は最終的に60馬力から約550馬力へと飛躍的に向上し、これによりマイクラは標準モデルとは比較にならないほどのパワーを持つ車へと変貌しました。

スポンサーリンク

ラジエーターはシビックのを流用

【羊の皮を被った狼】SR20にスワップされ、10倍のパワーを手に入れた日産マイクラ

ラリー・チェンはマイクラの試乗に際し、その驚異的なパワーについて言及し、その乗り味が恐ろしいものになるだろうと述べています。オースティンもこれに同意し、車のキーを渡す際には細心の注意を払っています。彼は、マイクラの運転はスロットルとブレーキの微妙な操作が必要で、氷の上でスケートをするような繊細さが求められると説明しています。

また、オースティンは、ホンダ・シビックのラジエーターをeBayで安価に入手し、マイクラに搭載したと語っています。このラジエーターはグリル領域の半分しかカバーしないにもかかわらず、シビックのラジエーターはマイクラを十分に冷却していると彼は述べています。

さらに、チェンはエンジンルームの底にあるターボのセットアップを見せてもらい、オースティンはそれがギャレット製GT3071Rであることを明かしました。ギャレットは、このターボによって車両に280〜480馬力をもたらすと述べています。このように、オースティンはマイクラを通常の小型車から、驚異的なパワーを持つユニークな車両へと変貌させました。

N2の部品までも流用

【羊の皮を被った狼】SR20にスワップされ、10倍のパワーを手に入れた日産マイクラ

ショーン・オースティンが手がけた550馬力の日産マイクラは、そのボディワークにおいても特筆すべき特徴を持っています。ラリー・チェンがこの点について質問した際、オースティンはマイクラのホイールフェンダーとロールケージが日本のN2カップカーからのものであると説明し、これらの部品の希少性を強調しました。彼のインスピレーションは、日本でレースに出場するマイクラカップカーから得たもので、その影響が550馬力のマイクラのデザインに反映されています。

しかし、オースティンは自分の改造がやり過ぎであるとも認めており、その一例としてリアウィンドウ上のリアスポイラーを挙げています。このスポイラーは、デザインが気に入ったために英国から輸入されたものです。彼はまた、マイクラには13インチのホイールを装着していると語り、チェンとともにこれが車の限界であるという見解を共有しています。

オースティンのマイクラは、低予算でも創造的で実用的な改造が可能であることを示し、改造車がどのようなものであるべきかの良い例を提供しています。このマイクラは、その小さなサイズにもかかわらず、まるで小さなロケット船のような存在感を放っています。

出典:ラリー・チェン

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラムチューニングカー
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました