【節約】90スープラの油膜取ってガラコしてワイパー交換

油膜とり 便利グッズ
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

納車から7か月。90スープラの油膜が酷く、ワイパーも交換しなければならなかったので油膜除去→ガラコ→ワイパー交換をしてみました。ワイパー交換はディーラーで頼むと1万円弱しますが、自分でやれば半額以下で済みます。

油膜除去

油膜

作業前はご覧のあり様。昼の雨なら何とか乗れるけど、夜になれば視界がぼやけて非常に危険。まずは油膜を除去していきます。

シュアラスター

今回使用したのはシュアラスターのガラス強力油膜除去剤 ゼロウィンドウ リセットプロ。今回初めて使ってみましたが、除去能力に不満はないですね。

使い方は簡単。ガラスの汚れを洗い流して、拭き上げます。液剤を付属のスポンジにつけて、乾かないように液剤を足しながら、縦横に磨くだけ。磨き終わったら洗い流し、水滴を拭きとります。

スポンサーリンク

ガラコ

今回使用したガラコは、塗り込みタイプの「ぬりぬりガラコデカ丸」。その名の通り、ヘッドがデカいで、塗り込みが速くて助かります。従来の2倍以上のサイズらしいです。

ボディに液剤が付着するのが嫌だったのでマスキング

使い方は簡単で、液が飛び散らないようにフェルト面をガラスにつけ、ボトルを押して少し液を出してフェルト面に染み込ませ、薄く2〜3回塗り伸ばすだけ。約5〜10分乾燥させ、固く絞った濡れタオルで拭き上げるだけで作業完了です。

ワイパー交換

冒頭でも書きましたが、ワイパー交換はディーラーで頼むと1万円弱します。しかし、自分でやれば半額以下で済みます。今回購入したのは、ガラコワイパーパワー撥水輸入車用ブレード 550mm(PY-11)と、525mm (PY-10)の2本。合計で5000円しなかったので非常にお得です。また、純正ワイパーではゴムだけの交換はできません。このガラコのワイパーにすれば今後ゴムの交換だけで済みます。

ワイパー交換

交換方法は至ってシンプル。ワイパーのボタンを押しながらスライドして古いワイパーを外します。

タオル
アタッチメントを差し込むだけ

外し終わったら写真のようにタオルをかませましょう。このワイパーブレードを購入すると、アタッチメントが6種類が付属します。90スープラに合うのはTL-2Bです。このアタッチメントをアームの端に差し込みます。

ワイパー比較
上がガラコ、下が純正品。ガラコの方が太いです。

純正とガラコのワイパーとの比較。ガラコのワイパーの方がしっかりしてますね。

ワイパー

差し込み終わったら、ワイパーを取り付けます。車の前から見て、右側にガラコのロゴが来るように取り付けます。以上で作業完了です。これで5000ポンド、じゃなくて5000円以上の節約です。

ゼロウィンドウ リセットプロ

ぬりぬりガラコデカ丸

ガラコワイパーパワー撥水輸入車用ブレード

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
便利グッズ
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました