スイスはエネルギー危機のためEVを禁止する可能性がある

スイス コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

スイスは世界で初めて、冬季のエネルギー危機が高まる中、国内での電気自動車の禁止に向けて準備を進めています。 The Telegraphの報道によると、スイスの当局者は、エネルギー危機が現在の状況よりもさらに深刻になった場合に、電力の使用を制限するための緊急の節電計画を提案しました。

フランスとドイツからの電力輸入に頼っている

EV

スイスは電力需要の60%を水力発電所に依存していますが、これらの発電所からのエネルギー生産は冬季に大きな打撃を受けます。これにより、スイスは高価な輸入エネルギーに頼らざるを得なくなりました。実際、スイスでは夏のシーズンでもかなりの量のエネルギーが輸入されています。 それとは別に、ウクライナでの戦争はスイスのエネルギー危機やヨーロッパ全体のエネルギー輸入に大きく影響しました。

そこで、スイスは停電や停電を防ぐために4段階からなる緊急節電計画を起草しました。この節電計画では、第3段階で「絶対に必要な移動」の場合を除き、EV の運転が禁止される可能性があります。国はまたまだ採用されてはいない別の計画で、高速道路のより厳しい制限速度を計画しています。

スポンサーリンク

カリフォルニアでは既に節電の呼びかけが

カリフォルニア

一方、米国のジョー・バイデン政権は、激しい熱波が米国の州を通過しているため、エネルギーを節約するために、ピーク時に電気自動車を充電しないようカリフォルニア州の住民に指示しました。 これにより、カリフォルニア州の電力消費量は結果的に大幅に増加しました。

スイスのEV禁止についての考え

電気自動車

スイスの水力発電所は冬季のエネルギー需要の増加に対応できないため、スイスは常に輸入エネルギーに依存してきた長い歴史を持っています。そうは言っても、提案されているEVの制限は一時的なものであり、エネルギー危機を克服するための友好的な解決策が国にすぐに見つかると期待しています。EUは今年10月、ガソリン車の新車販売を2035年に禁止することを正式に決めたばかり。2035年まであと 10年ちょっとしかありません。解決すべき問題はまだ残っていますが、注意深く今後の動向を見てみましょう。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました