レンタルしたトヨタ スープラを使用して最高速チャレンジを試みたとして教師が告発される

レンタルしたトヨタ スープラを使用して陸上速度記録を試みたとして教師が告発される コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

米国の高校の教師が、カーシェアリング サービスでトヨタ・GRスープラをレンタルし、所有者の知らないうちにレース競技で車両を使用したとして告発された後、訴訟に直面しています。

代わりの車を探していた

レンタルしたトヨタ スープラを使用して陸上速度記録を試みたとして教師が告発される

イリノイ州出身の高校の教師と、女子学生のチームは、先月テキサス州で開催された「テキサスマイル」というイベントに出場する途中でした。

このイベントは、滑走路を1マイル(1.6km)走行し、スタート地点から最高速度を出すことを競うもので、彼女たちは教師とともに高性能のシボレーS10(ピックアップトラック)を製作しました。

しかし、この1997年型シボレーS-10は、大会に向かう途中で機械的な故障に見舞われました。

2つの州を結ぶ1,800kmの旅をこなすために多大な労力を費やしたため、教師は、壊れたピックアップの代わりとなる別の車を用意することで、チームの士気を回復できると感じました。

スポンサーリンク

カーシェアで借りた車だった

レンタルしたトヨタ スープラを使用して陸上速度記録を試みたとして教師が告発される

米国の報道機関Fox 32は、女性の学生グループは、シカゴの西にあるネーパービルノース高校の生徒で、自動車工学の教師はグレゴリー・ディッチ氏であると報じました。

ディッチ氏は、陸上速度イベントから車で約 2 時間のサンアントニオにあるTuro (ユーザーが自家用車を借りることができるカーシェアリング プラットフォーム) で 2021年式のトヨタ スープラを調達したとして告発されました。

このトヨタ スープラの所有者であるジオバンニ・モラレス氏は、Fox 32の取材に対し、最初はディッチ氏が教師仲間だったので信頼していたが、3日後に車が返却されたとき、タイヤとブレーキが想像以上に摩耗していることに気付いたと語っています。

補修費用55万円を求めて訴訟に発展

レンタルしたトヨタ スープラを使用して陸上速度記録を試みたとして教師が告発される

モラレス氏がネットを見ていた所、テキサス マイルのFacebookページへの投稿を見つけ、学生グループが自分の所有するものと同じトヨタ・GRスープラをイベントで使用している画像を発見したと伝えられています。

モラレス氏は、チームがイベント中に車のタイヤとブレーキに約4000ドル(約55万円)の損害を与えたと主張しており、ディッチ氏からの補償を求めてトゥーロに訴訟を起こし.

スポンサーリンク

両者の言い分が対立

同じくFox 32の取材に応じた教師のディッチ氏は、彼の学生チームがテキサスマイルで使用した スープラはトヨタディーラーから借りたものだと言い、Turoで借りたものではないと強く否定しています。

これに対しカーシェアリング サービスTuroは、uro の広報担当者

「この経験が私たちのコミュニティに期待する高い基準を満たしていなかったことを残念に思います。私たちのチームは両当事者と連絡を取り、積極的に調査しています」と述べています。

Fox 32は、ディッチ氏とモラレス氏へのインタビューを含むニュース レポートのビデオをYouTubeで共有しました。

出典:FOX 32 Chicago

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
タイトルとURLをコピーしました