【これはヤバい】テスラ社員はオーナーを監視して、時には楽しんでいる!?訴訟にまで発展

テスラ コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

衝撃的な暴露として、退職したテスラの従業員9人が、従業員が車両カメラを悪用して顧客を監視することがいかに一般的であるかを共有しました。従業員はテスラの社内メッセージアプリを使って「非常にプライベートなこと」の内容を共有し、時には画像をミームにして楽しむことさえあるとのこと。カリフォルニア州のある男性は、テスラの全オーナーを代表して、この行為について同社を提訴しています。

テスラ車はあなたを監視している?

監視カメラ

テスラ車には多くのカメラがあります。自動運転にレーダーを使用する一部の競合他社とは異なり、自律走行するテスラには、依然として従来のカメラが多数使用されています。そして、撮影された複数の映像を車載コンピューターがリアルタイムで解析します。つまり、多くのテスラ車には8台以上のカメラが全方位に向いているのです。また、テスラには、不注意なドライバーを監視するための室内カメラも搭載されています。

テスラのオーナーの多くは、充電器に接続するために、ガレージ内や自宅の真横に車両を駐車しています。これらのオーナーが知らないのは、テスラの従業員が定期的に車両のカメラにアクセスし、静止画や動画まで保存していることです。

欧州のプライバシー規制当局は、テスラ車のカメラの初期設定について知るよう要求した。ウォール・ストリート・ジャーナル紙によると、テスラ社は、カメラが運転中や充電中に連続撮影し、オーナーが車の電源を切った後でも、直近の1時間の映像を保存していることを明らかにしました。Arts Technicaによると、テスラの従業員は「コミュニケーション、サービスの履行、テスラ車の運転システムの強化」のために映像にアクセスできることを認めています。

自動車メーカーは、これらの映像はすべて完全に “匿名 “であると主張しています。しかし、写真や動画には正確なGPSの位置情報が含まれており、多くの場合、車両の所有者の自宅の住所が含まれています。

元従業員のグループは、2019年から2022年にかけて、この特権のさまざまな悪用について内部告発しました。不正行為を働く従業員は、会社全体のメッセージングアプリのダイレクトメッセージやグループチャットを通じて、自分が面白いと思った「プライベートシーン」を含むコンテンツを共有していました。

スポンサーリンク

テスラの内部告発:「親密なシーン」を記録し、共有する

テスラ乗り必見!テスラの充電制限機能の重要性とは

ロイター通信は、テスラの元従業員9人にインタビューを行い、テスラ社における不穏な慣習を確認しました。それは、自動車のセキュリティカメラで撮影された顧客のプライベートな瞬間を嘲笑し、社内メッセージプラットフォームのチャットルームで共有するというものでした。

ある元社員は、共有されるコンテンツには、”ある特定の洗濯物 “や “セクシャルウェルネスアイテム “など、”スキャンダラスなもの”が含まれていると明かしました。彼らが閲覧したコンテンツには、”親密なシーン “まで含まれていました。

テスラ社員のチャットルームで共有された画像の中には、フルヌードが含まれているものもありました。また、「テスラ車の運転システムを強化する」ために必要な、自動車事故や道路での暴走を撮影したものもありました。しかし、一部の事故映像でさえも悪用されました。

例えば、テスラが自転車に乗っていた子供をはねたとき、子供が宙を舞う動画が従業員の間で流行したことがあります。別の元従業員によれば、彼らは1対1のプライベートチャットで「まるで野火のように」その動画を共有したといいます。

テスラのオーナーがプライバシーの侵害を理由に同社を提訴している

弁護士,裁判

カリフォルニア州に住むヘンリー・イエ氏は、テスラ・モデルYを所有しています。彼は、テスラが車両所有者を監視することがいかに一般的であるかを知り、同社を訴えることを決意しました。イエ氏の訴えは「プライバシー侵害」を理由とするもので、すべてのテスラ車の所有者を代表するものです。

イエ氏の弁護士は、「テスラにはプライバシー侵害の前科がある」と述べ、同社は「これらの侵害と、彼や他のテスラオーナーに対し、プライバシー保護に関して誤認させたことに対して責任を負う必要がある」と主張しました。

多くの愛好家は、テスラが最先端の自動車技術を探求していることを称賛しています。将来の自動運転車では、無線によるソフトウェアアップデートやカメラなどの機能がますます一般的になっていくでしょう。そのため、テスラは技術的な面だけでなく、この技術の倫理的な実装においても主導権を握ることが重要です。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました