【鬼の所業】テスラ、オーナーに焼けたモデルYをサービスセンターまで持ってくるよう指示

【鬼畜】テスラの顧客担当、オーナーに焼けたモデルYをサービスセンターまで持ってくるよう指示 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

杭に縛り付けられたジャンヌ・ダルクのように、電気自動車が炎に焼かれてしまえば全損になることは誰にでも容易に推測できます。

しかし、ある男性が自身のテスラ・モデルYが不可解にも燃えてしまった後、テスラはサービスセンターまで持ってくるよう彼に求めたと言います。彼の主張は、車を失った後にさらに傷つくような、実に残酷な顧客サービス体験を主張するものです。

誰も応答してくれなかった

【鬼の所業】テスラ、オーナーに焼けたモデルYをサービスセンターまで持ってくるよう指示

カリフォルニア州エルクグローブ在住のビシャル・マーラ氏は、テスラ・モデルYを運転していたところ、車が揺れ始めました。ハイウェイ 99 号線に入る際、彼はテスラのタイヤがパンクしていないか確認するために車を止めました。マーラが車から降りた後、車が煙を吐き出し、火災が発生しました。

Redditへの投稿でマーラ氏は生きていることに感謝する一方、もし家族が車に同乗していたらどうなっていただろうかと心配していると述べています。そして彼は答えを得るためにテスラに連絡を取っているそうです。「テスラは何も気にしていない。何度も電話したが、カスタマーサービスに連絡するのは簡単ではない」と彼は主張しています。

別の投稿によると、「2週間経ったが、まだテスラからのフォローアップやチェックアップの電話を1度も受けていない 」と述べています。

マーラ氏はInsiderに、テスラのカスタマーサービスに苦情の連絡を入れたところ、「誰も応答してくれなかった 」と語っています。

スポンサーリンク

玄関先に降ろしておけばよかった

【鬼の所業】テスラ、オーナーに焼けたモデルYをサービスセンターまで持ってくるよう指示

最終的にマーラ氏はテスラのエージェントから連絡を受けたましたが、彼らはマーラさんの車の損傷の深刻さを理解していないようでした。マーラ氏によると、燃え尽きたモデル Yをサービスセンターに持っていくよう頼まれたといいます。

「10回以上試しましたが、ロードサービスのカスタマーサービスの人たちは何もできません。私が話したあるエージェントは、大胆にも、完全に燃えてしまった私の車をテスラ推奨のサービスセンターに持っていくように言いました。私の車は完全に引き揚げられ、全損になりました。いったいどうやってそんなことをするのでしょうか?(爆笑)」

マーラ氏の保険会社はモデル Yを引き取り、引き揚げましたが、彼は平台トラックを借りて、壊れた車をサービスセンターの玄関先に降ろしておけばよかったと思っているそうです。

画像出典:KCRA 3

言いにくいことが言えるようになる伝え方 自分も相手も大切にするアサーション
ディスカヴァー・トゥエンティワン
¥1,210(2024/07/24 11:21時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
タイトルとURLをコピーしました