キッチンに保管されていた1億円のランボルギーニの物語

キッチンに保管されていた1億円のランボルギーニの物語 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

投資対象としても世界中で人気のランボルギーニ・ディアブロ。2000年代初頭に人気が急上昇したこのスーパーカーには、ユニークな個体が数多くありました。その内の1つが、グリーン・オン・グリーンのディアブロ SE30 イオタです。最近、このユニコーンとも言えるディアブロ SE30 イオタが、キッチンという最も予想外の場所でも見つかり、24時間以内に世界記録となる価格で落札されました。

ランボルギーニの経営を支えた車ディアブロ SE30 イオタの魅力とは?

キッチンに保管されていた1億円のランボルギーニの物語

最後の完全アナログ ランボルギーニとして賞賛されているディアブロは、長い間ランボルギーニ コレクターにとって「必需品」でした。

1990年に発売されたランボルギーニ・ディアブロは、カウンタックの直接の後継として、当時クライスラー傘下だったランボルギーニによって開発されました。

同社は、モデナのイタリアのライバルと競争するために、新しいフラッグシップモデルを切実に必要としていました。そしてディアブロが発表されるとすぐに、世界中の寝室の壁にポスターが貼られました。

ディアブロは、それまで知られていた”狂気”を一切犠牲にすることなく、ブランドを新しい世代へと導くものでした。カウンタックに搭載されていたV12エンジンを受け継ぎ、排気量は5.7Lに拡大。最高出力は492ps/7,000rpmを誇ります。数年前のフェラーリF40に続き、ランボルギーニとして初めて時速200マイルの壁を破ったモデルです。

また、当時はランボルギーニの親会社が次々に代わっていた時代であり、同社の経営を支えた存在でもあります。

スポンサーリンク

キッチンで希少な名車を発見

キッチンに保管されていた1億円のランボルギーニの物語

ビンテージ スーパーカーを専門としている「WeAreCurated」こだわりと知識を集めたアメリカのカーディーラーです。彼らは、最も希少な仕様、特別版、その他、希少でユニークなものであれば何でも探し求めています。ある調査旅行で彼らはドイツに行き、そこでフェラーリの膨大なコレクションの取引を成立させようとしていました。そんな中、現地の滞在先で目覚めた従業員が朝食のテーブルの風景の写真を送ってきました。

キッチンに保管されていた1億円のランボルギーニの物語

その写真がこちら。グリーンで仕上げられた希少な1995年式ランボルギーニ・ディアブロSE30 JOTAです。ディアブロSE30は、公道走行可能なレーシングカーとして製造されました。ランボルギーニの30周年記念として、SE30(スペシャルエディション30)はフェラーリF40への直接的な回答でした。

カーボンで埋め尽くされた530馬力のSE30よりもさらに過激なものを求めるランボの最も大切な顧客のために、ランボルギーニはイオタキットと呼ばれるものを導入しました。これは、FIA BPR GTレースシリーズに参戦するために設計された、600馬力にパワーアップさせるアップグレードでした。工場の記録によると、19台のディアブロSE30 JOTAが生産され、さらに11台のキットが一部のグローバルディーラー向けに生産されました。

ディアブロ SE30の価格はいくら?

キッチンに保管されていた1億円のランボルギーニの物語

この個体は米国に到着し、24 時間以内にディアブロの世界記録となる価格で落札されました。その価格は非公開で、少なくとも 100 万ドルに達します。この極めて希少な車は、1995 年 5 月にランボルギーニの代理店であるオートクレーマーを通じて、ランボルギーニ コレクターであるマンフレッド・シュミットに新車で納入されました。最も重要なのは、それが工場指定のイオタモデル 19台のうちの 1台であったことです。

世界的にランボルギーニ ディアブロの価格は上昇傾向にあるようで、少なくとも数年後には数億円の車になるかもしれません。綺麗な状態の相場は、ベース モデルで2700万円程度、SE30 JOTA で1億1000万円程度と予想されます。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました