パパの3.5億円のパガーニをぶっ壊した17歳の YouTuberの話

パパの3.5億円のパガーニをぶっ壊した17歳の YouTuberの話 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

十代のうちは何かと冒険したいものです。こっそり家や学校を抜け出したり、門限を破ったり…。中にはこのYoutuberのように、パパの3.5億円するパガーニ・ウアイラ ロードスターをぶっ壊しちゃうティーンエイジャーもいるそうです。

合計されたパガーニ ウアイラは深刻な残念です 

YouTuberであるゲイジ・ジリーンの父親は、テキサス州ダラスの億万長者でプライベート エクイティの創設者であるティム・ジリーン氏です。ゲイジのYoutubeチャンネルではしばしば父親の高級車を”紹介”していました。

そして2020年11月、当時17歳の彼はYotubeのネタとして父親から借りたパガーニ・ウアイラ ロードスターを破壊しました。

ほとんどのパガーニと同様に、このウアイラは特注で世界に1台しかないモデルでした。

スポンサーリンク

どうしたの? 

パパの3.5億円のパガーニをぶっ壊した17歳の YouTuberの話
破壊されたパガーニ ウアイラ | The Drive

テキサス州では16歳で運転免許を取得できるため、いつものようにゲイジは父親の愛車を拝借。カメラマンと共に撮影に出かけました。

ウアイラのエンジンはAMG 製の6.0 リッター ツインターボチャージャー付き V12 を搭載し、754 馬力を発生します。

彼の冒険心が右足をもっと踏ませたのか、ゲイジはスピードを出しすぎてコントロールを失い、木に激突してしまいました。これだけのパワーがあれば、コントロールを失うのは非常に簡単です。 

クラッシュの衝撃は、運転席のドアと両方の前輪がレゴのピースのように車の周りに散らばり、エアバッグを作動させるほど激しいものでした。 

幸いにも、パガーニを運転していたゲイジと彼のカメラマンは、重傷を負うことなく衝突から立ち去りました。 

パガーニは長続きしなかった

パパの3.5億円のパガーニをぶっ壊した17歳の YouTuberの話

破壊された紫色の ウアイラ ロードスターは 2018年にオーダーし、手元に来たのは2020年6月とのこと。11月にクラッシュが発生したので、ジリーン家は3.5億円もするウアイラを、約5か月間しか所有していない事になります。パガーニは年間30台の車しか製造していません。お金はさておき、そのようなものを破壊することは、動画を作成するのに非常に正確で貴重なものであり、非常に残念です。 

スポンサーリンク

パガーニ ウアイラの製造には何が必要ですか?

パガニは車と言うよりかアートです。誇張して言っているのではありません。パガニは細心の注意を払って設計されており、それぞれが注文を受けた人のために特別に作られています。車だけでなく、会社全体が精度と品質に重点を置いています。これらの車の 1 つを破壊することは、ピカソを破壊することに近いかもしれません。

参照:The Drive

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
タイトルとURLをコピーしました