史上最も重要なフェラーリ GTO が史上最高額の約78億円で落札

史上最も重要なフェラーリ GTO が史上最高額の約78億円で落札 ニュース
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

史上最も重要なフェラーリ GTO が史上最高額の 5,170万ドル(約78億円)で落札されましたが、この出来事が高級車市場の動向にどのような影響を与えるのでしょうか?一方で、なぜ予想よりも価格が下回ったのでしょうか?これについて詳しく見ていきましょう。

唯一のTipo 1962

史上最も重要なフェラーリ GTO が史上最高額の約78億円で落札

まず、このオークションで落札されたフェラーリ 250 GTO は、その歴史的な価値からしても非常に特別な存在であり、その重要性は言うまでもありません。

1962 年に製造され、わずか36台しか存在しないこの車は、フェラーリもレース部門であるスクーデリア フェラーリによってレースに出場した唯一のTipo 1962であり、見た目は250 GTOとほぼ同じですが、元々は330 LMとして構成されており、わずかに大きなエンジンを搭載したさらに珍しい車です。

また、この車両はニュルブルクリンク 1,000キロメートルレースでクラス 1 位の成績を収めたこともあります。そのため、オークションにおいて注目の的となりました。

しかし、5,170万ドル(約78億円)という価格は、一部の予想を下回る結果となりました。このオークションに関する最初の記事では、最終的なハンマープライスは当初の見積もりである 6,000万ドルを大きく下回ったと報告されています。この価格差は、高級車市場における現在の地政学的な不確実性と金利上昇の影響を反映している可能性があります。

スポンサーリンク

収集家のプロフィールが変わりつつある

史上最も重要なフェラーリ GTO が史上最高額の約78億円で落札

フェラーリ 250 GTOは、1962 年から 1964 年にかけて製造され、現存するのは36台のみです。この車のオーナーは、ファッション デザイナーのラルフ ローレンやピンク フロイドのドラマーであるニック メイソンを含む億万長者になります。

RMサザビーズは今回落札された車のオーナーが、レーダー探知事業の共同創設者であるジム・イェーガー氏であると明らかにされました。これは、高級車のオーナー層が多様化していることを示唆しており、収集家のプロフィールが変わりつつあることを示しています。

このオークションでのフェラーリ GTO の落札価格は、高級車市場の現状を反映しており、これからの高級車のオークションでの動向に影響を与える可能性があります。価格の下落は一部のコレクターや投資家にとってはチャンスと捉えられるかもしれませんが、高級車市場全体に対する影響はまだ分からないところがあります。

今後も高級車市場とオークションの動向に注目し、フェラーリ GTO のような特別な車がどのように評価されるかを見守りたいところです。高級車の魅力は変わらないものの、市場の条件やプロフィールは変動することを考慮する必要があるでしょう。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
ニュース
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました