タイヤの寿命を延ばすためのヒント

GRスープラに国産コスパ最強タイヤ履かせたら降りるのをやめた コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

タイヤは、地面と接触する唯一の部品であり、車両のパフォーマンスに重要な役割を果たします。 とはいえ、タイヤは消耗品であり、一定の使用後に交換する必要があります。ただし、車のタイヤの寿命を大幅に改善するためのヒントをいくつか紹介します。

タイヤ空気圧の点検と維持

タイヤに釘が刺さっていた時の間違った対処法

現在、多くの車にタイヤ空気圧監視システム (TPMS) が搭載されていますが、すべての車にこの機能が備わっているわけではありません。そのため、タイヤの空気圧を定期的に監視することが不可欠です。これは、タイヤの寿命と燃費にプラスの影響を与えます。

スポンサーリンク

過負荷を避ける

タイヤに釘が刺さっていた時の間違った対処法

タイヤの過負荷は、多くの場合、タイヤのバーストやタイヤの摩耗の増加の主な原因です。さらに、定格荷重を超えてタイヤに負荷をかけることは、タイヤバーストへの近道になります。さらに、過負荷は、ブレーキ性能に影響を与えたり、車の構造を損なうなど、非常に危険な場合があります。

速度超過を避ける

タイヤの限界速度を超える走りは、タイヤに極度の負荷と温度上昇をもたらすため、自動車のタイヤの寿命に深刻な影響を与える可能性があります。これにより、タイヤの摩耗も加速します。それに加えて、スピードの出し過ぎは車の燃費に悪影響を及ぼす可能性があります。

スポンサーリンク

ホイールアライメント

不適切なアライメントのホイールは、タイヤの偏摩耗の原因となるだけでなく、タイヤの過度の摩耗を引き起こす場合もあります。車のタイヤのホイールアライメントは、少なくとも年に1回、またはタイヤの交換またはローテーション時にチェックすることをお勧めします。

タイヤローテーション

タイヤに釘が刺さっていた時の間違った対処法

車のタイヤを10,000kmごとにローテーションすることで、タイヤが均一に摩耗し、車のタイヤ全体の寿命を延ばすことができます。それに加えて、タイヤのローテーションは、振動、早期摩耗、タイヤの偏摩耗などのタイヤ関連の問題の可能性を減らします。

スポンサーリンク

まとめ

上記のヒントに従うことで、車のタイヤの寿命が延びるだけでなく、安全性が向上し、消費されるリソースが少なくなるため、環境に大きな影響を与える可能性があります。さらに、上記の手順に従うことで、お金を節約することもできます。

マルニ工業 応急パンク修理液(ノズル付) 500ml 27201
MARUNI(マルニ工業)
¥2,571(2024/06/25 19:10時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました