トヨタ、パフォーマンス ハイブリッド用のマニュアル トランスミッションを開発中

トヨタ、パフォーマンス ハイブリッド用のマニュアル トランスミッションを開発中 コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

トヨタは完全な電気自動車には懐疑的ですが、ハイブリッド車は大好きです。自動車メーカーは、そのモデルのほとんどを内燃エンジンと電動で提供しており、現在、そのミックスにマニュアル トランスミッションを追加することを検討しています。トヨタによる最近の特許には、パフォーマンスハイブリッドのクラッチを管理する独自のシステムが記載されています。文書に含まれる言葉と芸術は、会社の意図を示しているようです。

クラッチシリンダーは3つ

トヨタ、パフォーマンス ハイブリッド用のマニュアル トランスミッションを開発中

特許は 2021 年 8 月初旬に申請されましたが、公開されたのは今年の 2 月中旬だけでした。その中で、トヨタは愛好家が何を好むかを知っていると述べており、そのため、実際の油圧クラッチ作動システムからクラッチペダルを機械的に切り離す「クラッチバイワイヤ」システムではありません。その代わりに、3つのクラッチシリンダーを持つ、シャトルバルブをベースとしたユニークなセットアップを選択しました。

事実上、クラッチ用のマスターシリンダーは1つです。ただし、そのシリンダーの入口はシャトルバルブの出口です。バルブは 2 つの別々のシリンダーから 2 つの入力を受け取り、どちらのシリンダーがより高い圧力を提供するかに応じて、その流体の流れがマスター シリンダーに入るのを可能にします。これらの入力シリンダーの 1 つは、クラッチ ペダルに直接接続されています。もう 1 つは車の ECU によって制御されます。

スポンサーリンク

図を見ると分かりやすい

トヨタ、パフォーマンス ハイブリッド用のマニュアル トランスミッションを開発中

このシステムは、車のコンピューターが好きなときに、エンジンを車輪から切り離すことができるものです。ハイブリッドカーでは、惰性で走ったり、スムーズに発進・停止したりするために、この機能が必要になることがあります。

セットアップにはシャトルバルブが使用されているため、ドライバーは、クラッチを押してECUのシリンダーが提供するよりも大きな圧力をかけるだけで、コンピューターの動作をいつでも無効にすることができます。つまり、ドライバーが嫌がることを車がやっていれば、それを調整することができるのです。

この特許では、ECUのシリンダーを完全に停止させるスポーツモードについても説明しています。このとき、車は通常のマニュアル車とまったく同じように動作します。

ブランドのコミットメントを証明するもの

トヨタ、パフォーマンス ハイブリッド用のマニュアル トランスミッションを開発中

トヨタは、内燃機関を求める愛好家にも対応し続けたいと考えています。トヨタ自動車は、水素燃焼、水素燃料電池、ハイブリッド車用の固体電池に投資しています。さらに、電気自動車に搭載するための “偽 “マニュアルトランスミッションのテストも行っています。

つまり、トヨタは、1段変速の電気自動車が効率よくパワーを伝達することに変わりはないことを認識しており、将来の車がどうであれ、より楽しいものを提供することを諦めてはいないのです。ICE車やハイブリッド車は、常に愛好家にとってより面白く、エキサイティングなものであり、この最新の特許文書は、ブランドのコミットメントを証明するものです。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました