トヨタ スープラ GRMN は BMW M4 CSL の 543 馬力エンジンを使用する可能性があると噂

トヨタ スープラ GRMN は BMW M4 CSL の 543 馬力エンジンを使用する可能性があると噂 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

トヨタ・GR スープラのより強力なモデルに関する噂は何年にもわたってウェブ上で広まっていますが、その噂は少し信憑性が高くなっています。

トヨタ GR スープラとBMW Z4の間に基盤が共有されているということは、トヨタがBMW M のパーツを活用することで、より多くのパワーをスープラに注入できることを意味します。同時に、トヨタはシャシーチューニングに関してガズーレーシング部門の専門知識を活用することができます。

早ければ2023年秋にデビュー?

トヨタ スープラ GRMN は BMW M4 CSL の 543 馬力エンジンを使用する可能性があると噂

パワートレインには、543psと650Nmのトルクを発生する、ハードコアなBMW M4 CSLのツインターボ3.0リッター直列6気筒が搭載されると予想されています。この出力に、より硬くローダウンされたサスペンション、大型のブレーキ、よりシャープなステアリング、いくつかの軽量化策が組み合わされれば、おそらくこれまでのスープラで最速となるでしょう。

また、スープラGRMNには、おそらく再設計されたボディキットが装着され、GRスープラのスタイリング面と空力性能の両方が改善されるでしょう。GRMN専用のバンパー、GRMNのエンブレム、大型のリアスポイラー、新しいホイールが期待されます。

GRMNスープラは早ければ2023年秋にデビューする可能性があるという噂が最も広まっています。なお、トヨタ・スープラの現行5代目はもともと2019年に登場し、2026年に噂されるEV後継車が登場するまで、2025年まで存続すると言われています。

スポンサーリンク

GRMNとは何か?

トヨタ スープラ GRMN は BMW M4 CSL の 543 馬力エンジンを使用する可能性があると噂

トヨタのGRMN(ジーアールエムエヌ)は、トヨタ自動車のスポーツカーおよびパフォーマンス車部門です。GRMNは「GAZOO Racing tuned by Meister of Nürburgring」の略であり、「Meister of Nürburgring(マイスター・オブ・ニュルブルクリンク)」には、トヨタ自動車のスポーツカーの開発などに携わったテストドライバーであり、2010年にレクサスLFAのテスト中に事故死した成瀬 弘氏への敬意が込められています。

GRMNは、主に日本国内で限定生産される特別仕様車として展開されています。そのため、非常に希少な存在であり、コレクターカーとしての価値も高いです。GRMNモデルは、トヨタの人気車種である86やヤリスなどで展開されています。

GRMNモデルには、通常のモデルと比較してパワーアップしたエンジンや高性能なブレーキシステム、専用のサスペンション、軽量素材の使用などが特徴です。さらに、エアロダイナミクスの改良や内装のスポーティな仕様も施されています。これらの改良により、GRMNモデルは優れた操縦性とスポーティな走りを実現しています。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました