【奇妙な車ファイル】V8ツインターボ搭載のステルス ビートル

【奇妙な車ファイル】V8ツインターボ搭載のステルス ビートル コラム
この記事は約5分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

フォルクスワーゲンビートルは、「ハイパワーでエキサイティングな車」ではありませんが、四輪自動車としては世界最多の、累計生産台数「2152万9464台」の記録を打ち立てた伝説的な大衆車です。しかし、このオリジナルの非力なビートルを、可能な限りエキサイティングにするべく、世界中の車好き達は何十年にもわたって、壮大なスケールのカスタムを考案してきました。今回はその数あるカスタムのうちの1つ、ミッドマウントのツインターボチャージャー付きアウディ製V8エンジンを搭載し、ステルス塗装が施された車をご紹介します。

【奇妙な車ファイル】V8ツインターボ搭載のステルス ビートル

ビートルの元のエンジンをV8 に交換するというのは、素晴らしいアイデアのように聞こえます。しかし、それは簡単な事ではありません。この壮大なスケールのカスタムに当たり、制作チームは新しいシャーシを含む多数のカスタムパーツを作成する必要があったため、膨大な作業を必要としました。

大量の特注パーツを備えたユニークなビートルレストモッド

フーリー氏と彼のチームは、このV8パワーのビートルの制作にあたり、適切なドナーボディを探すことから始めました。彼らにとって幸運なことに、すでに少し作業が行われており、チームがこの車両制作でイメージしていたものに非常に近い、カスタムカラーをまとったドナーボディが無事に見つかりました。

ドナーボディがワークショップに到着してからの最初の作業は、ボディをシャシーから切り離すことでした。フーリーは、ビートルのボディはわずか 15 ~ 20 のボルトでシャーシに固定されているため、大した作業ではなかったと説明しています。これが完了すると、チームはこのプロジェクトの次の重要なステップに進みます。

【奇妙な車ファイル】V8ツインターボ搭載のステルス ビートル

V8エンジンをビートルのボディに取り付けるために、制作チームは、元のエンジンやトランスミッションなどを収容していた、リアエンド全体を切断する必要がありました。彼らがこのステップを完了するまでに、車に残っているのは、最初のシルエットと 4 つのフェンダーだけです。チームは、小さな鉄骨加工と溶接を行って、ビートルのボディに構造補強を追加する作業に取り掛かります。

【奇妙な車ファイル】V8ツインターボ搭載のステルス ビートル

すべてが完了すると、チームはビートルのボディの塗装準備のプロセスに進みます。その後、塗装ブースに向かい、このカスタム用にBMW チャコール カラーをビートルにまとわせます。

スポンサーリンク

この V8 搭載のステルス ビートルには、手作りのカスタム シャーシが付属しています。

【奇妙な車ファイル】V8ツインターボ搭載のステルス ビートル

ビートルのボディが塗装に回されている間、メインワークショップでは、シャーシの作業が行われます。チームには、V8を搭載したビートル用のカスタムメイドのシャーシがすでに多数あり、そのうちの 1つがこのプロジェクトに割り当てられます。フーリー氏はビデオの中で、「カスタムシャーシは、造船で使用されるのと同じ等級のアルミニウムから作られた、38枚のレーザーカットパネルでできている」と語っています。完全に手作りで、準備作業に数日、完成までに12時間かかります。

【奇妙な車ファイル】V8ツインターボ搭載のステルス ビートル

シャーシの作業が完了すると、続いてV8エンジンをなどの機械部品を、ビートルの新しいシャーシにボルトで固定する作業に移ります。このカスタムでは、2つのターボチャージャーを搭載するため、これらの構成が完全に機能するように加工する必要がありました。

このV8パワーのビートルには、カスタムロールケージが備え付けられています。しかし、車両への乗り降りが困難になるため、完全な競技用ロール ケージを採用しませんでした。興味深いことに、彼らはロールケージをビートルのボディではなくシャーシにボルトで固定することにしました。

この段階で、大量の配線やECUなど、すべての電気部品がビートルのシャーシに配置されます。

ストックビートルがV8エンジン搭載のホットハッチに変身

【奇妙な車ファイル】V8ツインターボ搭載のステルス ビートル

すべてが完了すると、チームはカスタムの最終段階であるテスト工程に移ります。彼らはまず、ボディを外した状態で、シャシーを路上走行に持ち込み、オイル漏れなどのチェックと全体的な性能の評価を行いました。チームは車両に異常がないことを確認した後、塗装したばかりのビートルのボディをシャシーに取り付け、エンジンパワー測定に向かいました。

【奇妙な車ファイル】V8ツインターボ搭載のステルス ビートル

V8 を搭載したビートルをエンジンパワー測定器でテストすることで、ECUのさまざまなパラメーターを調整します。また、ビートルの最終的なパフォーマンス数値を取得することもできました。最終的にビートルに搭載されたV8エンジンは348馬力を発生させました。

パワー測定から戻ると、チームはビートルの最後の組み立てのプロセスを開始しました。シート、ドア、フェンダーなどのボルト締めを行い、そして最後の磨きをかけて、この特注のV8搭載のステルスビートルが完成しました。

参照:V8stealthbeetle

別のヘンテコビートルの記事はこちら

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました