ダッジ・バイパーのV10を移植されたS2000

ダッジ・バイパーのV10を移植されたS2000 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

フランシス・ゴセリンは、軽量でバランスの取れたスポーツカー、特にホンダ S2000に魅了された自動車エンスージアストです。

彼は「S2000は素晴らしい車だが、もっとパワーがあればな」と考え、モントリオールにある自身のショップ「Serious Swap」で壮大なエンジン交換プロジェクトに取り掛かりました。

今回ご紹介するのは「カトリーナ」と名付けられたS2000で、500馬力を超えるV10エンジンを搭載した個体です。この車は彼のショップでの熱心な作業と、スポーツカーへの情熱を象徴しています。

廃車寸前のS2000を見つけた

ダッジ・バイパーのV10を移植されたS2000

このプロジェクトはフランシス・ゴセリンが廃車寸前のS2000を見つけたところから始まります。

この車は元々アメリカで登録されており、わずか3万マイル(約4.2万km)を走った後、ハリケーン・カトリーナの猛威にさらされました。

洪水により数日間水中に沈み救出されたものの、フランシスによって発見されるまで、5年間にわたり地元の裏庭で雨や雪、泥にさらされていました。

長年のドリフト愛好家である彼は、この車の潜在能力を見抜き、ドリフトカーとしての新しい人生をこのS2000に与えることを決意しました。

スポンサーリンク

いろんなものを寄せ集めて出来た

ダッジ・バイパーのV10を移植されたS2000

同じころ、フランシス・ゴセリンのショップには、2006年のダッジ・バイパーを所有する顧客がツインターボチャージの取り付けを依頼しに来ました。しかし、フランシスは単にオリジナルのエンジンを強化するのではなく、より強力なエンジンに交換することを勧めました。その結果、顧客はV10エンジンを捨てて別のエンジンに交換し、作業の対価としてバイパーのオリジナルV10エンジンが彼の手に渡りました。

フランシスはこのエンジン、廃車寸前のS2000、、そして数多くのカスタム作業を組み合わせて、異例のV10エンジン搭載S2000を創り出しました。

このプロジェクトでは、多くの異なる部品が使用されました。例えば、リアディファレンシャルは、彼が8つの異なるディファレンシャルを試して壊した後に、溶接された日産350Zのものを採用しました。

ラックアンドピニオンステアリングラックはフォード・マスタングからのもので、より大きなステアリング角を可能にしました。この車は、さまざまな車種からの部品を融合させたユニークな創造物となっています。

多数のカスタム部品製作と信頼性

ダッジ・バイパーのV10を移植されたS2000

インターネット上では、エンジン交換が比較的簡単な作業のように思われがちですが、実際には非常に複雑で困難なプロセスです。

フランシス・ゴセリンが手がけたこのホンダ S2000のプロジェクトも、例外ではありません。彼はカスタムエンジンマウント、ステアリングラックマウント、フォードラックをホンダスピンドルで動作させるためのカスタムトーアームアダプター、ドライブシャフト、ディファレンシャルマウント、ハーフシャフトなど、ほぼすべてをカスタマイズ制作しました。

これには、車全体の通信を可能にするカスタム配線や燃料ラインの接続具、バキュームホースなど、多くの細かい部分が含まれています。フランシスはこれらの複雑なエンジニアリング技術を「何年もかけてコツを覚えた」と述べています。

トランスミッショントンネルとエンジンルームにはV10エンジンとより強力なトランスミッションを収容するための十分なスペースがあり、必要な切断作業は最小限に抑えられました。この車は完成から3年間、ドリフトで使われましたが、その中で高い信頼性を示し、唯一の故障は車軸の破損だけでした。フランシスの技術と情熱がこのプロジェクトに生かされていることが明らかです。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラムチューニングカー
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました