フォルクスワーゲンの挟角V6エンジンの歴史と現在

フォルクスワーゲンの挟角V6エンジンの歴史と現在 コラム
A.Weber (Andy-Corrado/corradofreunde.de) - Uploaded by its author to the German Wikipedia as Vr6.jpg, Copyrighted free use, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3673351による
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ドイツの医学薬学は世界一ィィィィーーーーッ!と知られていますが、エンジニアリングだって超一流です。メルセデスのOM617エンジンや、BMWのB58・S58。ポルシェの水平対向6気筒エンジンなど、ドイツ人の作品はどれも素晴らしいものです。フォルクスワーゲンの挟角V6エンジン(VR6)もその一部です。

VR6の歴史

Toffguy at nl.wikipedia, CC 表示-継承 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3203279による

狭角V型エンジンのデザインは独創的です。最初に狭角V型エンジンを採用したのは1922年のランチア。 ランチアのV4(狭角V型4気筒エンジン)は、バンク角が60度や90度の通常のVレイアウトエンジンとは異なり、わずか20度の明らかに低い角度を持った最初のものでした。

これにより、ランチアのV4はよりコンパクトでバランスが取れたものになりました。1920代の車の平均出力がわずか25HPであったのに対し、2.6Lの排気量で68 HPという印象的な偉業を達成しました。時が経つにつれ、ランチアはシリンダーバンク間の角度を減少させ続け、最後のランチアV4は11度の角度を持ち、1.6Lの排気量で130 HPを発生させました。

ランチアのエンジニアリングからインスピレーションを得て、フォルクスワーゲンは、通常のV6バンク角60度と比較して、15度という極端なバンク角を特徴とするVR6を開発しました。

VR6の設計をさらに素晴らしいものにしているのは、シリンダーあたりのバルブの数が2つであろうと 4 つであろうと、VR6エンジンは2つのカムシャフトしか必要としないということであり、その構造はよりシンプルでコスト効率に優れています。チューナーや愛好家が高く評価しているのは、VR6が他のエンジンに比べて非常に簡単にいじれるという点です。

VR6は1991年に初めて登場し、フォルクスワーゲン パサート B3 とコラードに搭載され、排気量は 2.8~2.9リットル、出力は172 ~ 188 HPでした。ただし、VR6は、伝説的なゴルフ MK4 R32とアウディ TT クアトロでの使用で最もよく知られています。この 3.2L バージョンのVR6 は R32 で使用され、TT はそれぞれ 240 HP と 247 HP を出力しました。

VR6を搭載したもう1つの車は、人気のあるポルシェ カイエンでした。2003年から2018年までのモデルは3.2Lと3.6LのVR6が使用されていましたが、カイエンが人気を博した理由の1つは、エンジンの信頼性とパフォーマンスでした。

スポンサーリンク

VR6の現在

A.Weber (Andy-Corrado/corradofreunde.de) – Uploaded by its author to the German Wikipedia as Vr6.jpg, Copyrighted free use, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=3673351による

VR6とその素晴らしいデザインの多くの長所にもかかわらず、いくつかの欠陥により、VWはゆっくりとVR6をラインナップから消していきました。VR6のメリットは省スペースで高出力な点でしたが、現在では小さなターボチャージャー付き4気筒エンジンの台頭によりその座を奪われています。

さらに自動車業界は世界的にEVが主流になり、世界はゼロ エミッションのパワートレインに完全に切り替える計画を立てており、V8やV6などのガソリンエンジンはゆっくりと姿を消しつつあります。このような状況の中で、フォルクスワーゲンがVR6を段階的に廃止し、4気筒エンジンなどの小型エンジンを選択するのも不思議ではありません。

辛い花粉にはルイボスティー!!

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました