すべてのワイルド・スピード映画を見て事故を数えると13万円の報酬が得られます

【これは酷い】ワイルド・スピードの撮影中に破壊された車の数と被害総額 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

『ワイルド・スピード』シリーズは 20 年以上続いており、その間に 20 時間以上のコンテンツが生成されてきました。現在、ある企業は、全作品を視聴するために 1 人の視聴者に 1,000ドル(13万円)を支払いたいと考えています。

映画を見て、メモ取る仕事

【これは酷い】ワイルド・スピードの撮影中に破壊された車の数と被害総額

保険会社など向けにスポンサードコンテンツを制作するメディアプロデューサーのファイナンス・バズ社は、主要な映画『ワイルド・スピード』全10本を有料で視聴して、映画の登場人物のように運転すると保険料にどのような影響があるかを調べたいと考えています。

そのために、映画愛好家に対し、すべての映画を鑑賞し、事故についてメモを取ることを義務付ける契約職への応募を求めています。合格者は、損害をもたらしたすべての自動車事故、関与した車両、損害の範囲などについて詳細にメモをとらなければなりませんが、これは実際には非常に困難であるように思えます。

スポンサーリンク

時給換算で約50ドル(約6700円)

【これは酷い】ワイルド・スピードの撮影中に破壊された車の数と被害総額

1,000ドルは時給換算で約50ドル(約6700円)に相当しますが、メモをとる時間もあり、この仕事は映画の上映時間 20 時間よりも長くなる可能性が高いため、あらかじめご了承ください。

同社はまた、ストリーミング費用と軽食の費用をカバーするために、これを行う人に日当100ドルを(約1万3000円)を与えると述べています。

当然のことながら、この契約を獲得した人はすべての映画をストリーミングできなければならず、劇場で行われる Fast X(邦題:ワイルド・スピード/ファイヤーブースト)も鑑賞して、その映画で発生した事故の数をメモする必要があることを意味します。

最終的に、あなたの研究は Finance Buzz によって分析され、ドミニク トレットらの運転習慣が保険に与える影響についての記事に変わります。

Financebuzzでこの役職に応募できますが、18歳以上で米国在住である必要があります。申し込み期限は、ワイルド・スピード/ファイヤーブーストが劇場に公開される日、2023 年 5 月 19 日午後 11 時 59 分 (EST) までです。当選者は5 月26日に選出される予定です。

アメリカ在住の読者の方は参加されてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました