なぜマッスルカーは走る殺人鬼と呼ばれているのか?

マッスルカーは本当に走る棺桶なのか? コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

現代のアメリカン・マッスルカーには、標準でラインロック機能を搭載し、豪快なバーンアウトが可能なモデルもあり、安全な車というイメージはそもそもあまり無いかもしれません。

しかし、特定の車種における死亡事故に関する最新のデータによれば、今日の馬力に貪欲なマッスルカーは、人々が思っている以上に危険である可能性が示唆されています。では、ダッジ・チャレンジャー、チャージャー、フォード・マスタングのような現代の例は、どれほど危険なのでしょうか?

マッスルカーは安全か?

マッスルカーは本当に走る棺桶なのか?

現代のマッスルカーは、往年の名車よりもはるかに安全です。例えば、米国でシートベルトが標準装備になったのは1968年頃のこと。今日では、ABS、ブラインドスポット警告、緊急自動ブレーキなどの標準装備が組み込まれています。

しかし、道路安全保険協会(IIHS)は、マッスルカーの平均運転者死亡率と他者運転者死亡率は不釣り合いであり、憂慮すべきものであると主張しています。「運転手の死亡率が過度に高いダッジのマッスルカー3台は、相手のドライバーの死亡率でもワースト1位であり、これらの車が攻撃的な運転をしていることを示唆している」と、同機関はこれらの車について述べています。

スポンサーリンク

最も危険なマッスルカーはどれか?

マッスルカーは本当に走る棺桶なのか?

IIHSの報告によると、「マッスルカー」と呼ばれる車種が、ドライバーの死亡率が最も高い車種の上位6車種を占めている。特にダッジ・チャレンジャーは、登録車100万台あたりの平均死亡者数が154人で、第1位です。

残念ながら、マッスルカーは車内での死亡事故だけでなく、パフォーマンス・モデルのいくつかは「他車運転者死亡事故」、つまり事故の中で他の車での死亡事故が少なくとも1件発生した車のリストの上位を占めています。

IIHSの報告によると、ダッジ・チャージャーとチャレンジャーは、他車運転者死亡事故による死亡事故が最も多い車のリストに3モデル入っています。実際、HEMIエンジンを搭載したチャージャーとV6エンジンを搭載したチャージャーは、RAMトラックの4モデルとともに全体のトップ10に入っています。特に深刻なのは、V8エンジンを搭載したチャージャーで、自分の乗員よりも他のドライバーを平均46人も殺しています。

これらのデータからわかるように、マッスルカーは高い性能と加速力を持つ一方で、他の車種に比べて運転者の死亡率が高い傾向があると言えます。お金でハイパフォーマンスカーを買えても、運転技術や自制心は買えないのです。したがって、これらの車種を運転する際には、高い運転技術と安全に対する意識が必要であると言えるでしょう。

A-cars 2023年4月号
マガジンボックス
¥900(2024/06/25 16:52時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました