BMWがランボルギーニ工場に侵入した理由、その背後にある真実の物語

BMWがランボルギーニ工場に侵入した理由、その背後にある真実の物語 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

BMWのM部門は、2022年に創立50周年を迎えました。その始まりとなったクルマが、BMW M1です。しかし、M1は同時に、BMWの資金を驚くほどの速さで使い果たしたスポーツカーでもあります。

また、完成までに様々な問題に直面し、BMWはランボルギーニの工場に侵入する事態にまで発展しました。

そして、やっとの思いで完成しても、本来の目的を果たせなかった1台でもあります。

BMWとランボルギーニのパートナーシップは、一体何が問題だったのか?

BMWがランボルギーニ工場に侵入した理由、その背後にある真実の物語

1970年代の初め、BMWはFIAのレースカテゴリーであるグループ4、グループ5でポルシェに打ち勝つべく、新たにミッドシップスポーツカーの開発を始めました。BMWにはミッドシップスポーツカーのノウハウが無かった為、ランボルギーニに開発とシャーシ関連の製造を委託し、BMWのM部門が車を販売することになりました。

しかし、ランボルギーニは軍事車両でのビジネスに失敗し、資金繰りがうまくいかなくなってしまいます。さらに、同社の作業ペースも非常に遅いものでした。

そこでBMWはランボルギーニとの契約を打ち切りました。しかし、ランボルギーニはM1の部品、プロトタイプ、工具を所有したままでした。ランボルギーニはそれらをBMWに渡すことを拒否し、そのためにM1のプロジェクトは頓挫しかけます。そこでBMWは、右往左往しながらランボルギーニの工場に向かい、自分たちの財産を取り戻したのです。

自分たちの所有物を取り戻したBMWは、M1を再び生産するために奔走することになります。ランボルギーニとの契約解消後は、委託先をシュトゥットガルトのコーチビルダーであるバウアに変更されます。

スポンサーリンク

素晴らしい車に変わりない

BMWがランボルギーニ工場に侵入した理由、その背後にある真実の物語

委託先が決まったものの、製造にはまずイタリアにシャシを送り、ボディパネルの取り付けと塗装を行い、バウア社にてエンジンなどを組付け、最終的にBMWによって検査が行われるという、複雑で効率の悪いものでした。

それゆえ、当時のグループ4レースに参戦するには、連続する24か月間に400台のM1を生産する必要があるにも関わらず、M1は月に3台前後の生産がやっとでした。そこで、M1がレースに出ないまま終わってしまうことを危惧したBMWは、ワンメイクの「プロカー・シリーズ」を創設しました。F1ドライバーとツーリングカードライバーによる、F1のサポートレースとして催されました。

発表から2年が経った1980年に、連続する24か月間という目標は届かなかったものの、400台目が工場を離れました。FIAは特別に1981年以降のグループ4参戦を認めましたが、1982年には新しくグループCというカテゴリが創設されることになり、それにともない車両規定も改正されてしまいます。

BMWがこの車の製造・販売に苦労したおかげで、M1はFIAの公式シリーズに参戦することはありませんでした。

BMW・M1は完全に商業的に失敗し、意図したレースに参加することはありませんでした。しかし、完成したM1は実に美しい物でした。当時の最も素晴らしい外観の車の 1 つであり、今日では史上最高の M 製品とみなされることもあります。

ジェイソン流お金の増やし方
ぴあ
¥1,430(2024/06/25 08:20時点)
本当の自由を手に入れる お金の大学
朝日新聞出版
¥1,540(2024/06/24 20:26時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました