中国の自動車メーカーが多くの新車を発表している理由

中国の自動車メーカーが多くの新車を発表している理由 コラム
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

中国には5億人以上のドライバーがいるとされており、中国の自動車メーカーは、消費者のニーズに対応するために、さまざまなモデルで需要に応えています。

世界一の販売台数

中国の自動車メーカーが多くの新車を発表している理由

世界の自動車産業をリードしているのはどのメーカーか?これは当然、何を指標にしているかによって異なります。たとえば、イノベーションに注力しているのであれば、日本がトップになる可能性が最も高いでしょう。Lease Fetcherによると、日本は自動車分野の特許出願率は57.75%と最も高く、韓国は 16.61%、ドイツは12.28%と続いています。2001年から 2020年の間に、トヨタは驚異的な 285,231 件の特許を保有しており、ヒュンダイは 125,039 件の特許を保有しています。

さて、自動車販売に目を向けると中国が首位。Factory Warranty Listによると、中国は自動車販売台数で10年以上首位を維持しています。中国市場の規模を考えると、中国の自動車メーカーが誰よりも多くの新車を発表していることは驚くに値しません。2022年に一般に公開された新車は131台でしたが、そのうち 47%が中国製でした。

スポンサーリンク

巨大な自動車市場は需要の拡大を意味する

中国の自動車メーカーが多くの新車を発表している理由

中国が巨大な市場であると言っても過言ではありません。Statistaは、2021年に中国の自動車産業の総販売台数が2,620万台に達し、そのうち約2,148万台が乗用車で、479万台が商用車であると指摘しています。同時に、SUVは中国で最も人気のある車種となり、自動車メーカーは 2021年に1,000万台を販売しました。また、2022年11月末時点で、中国では約4億 1,500万台の自動車が登録されています。

大局的に見ると、2020年の時点で欧州連合全体で2億4,630万台の車が道路を走っています。また、中国の自動車の平均使用年数は、ヨーロッパやアメリカに比べて短い傾向にあります。中国の自動車の平均使用年数は5.1年であるのに対し、英国は8.4年、米国は12. 年、欧州連合は11.5年、日本は乗用車(軽自動車を除く)の平均使用年数は13.87年です。

中国国内の大規模な自動車競争

中国の自動車メーカーが多くの新車を発表している理由

誰もが中国市場への参入を望んでいますが、国内の自動車メーカーは中国の消費者を引き付けています。さらに、近年、北京はインセンティブや政府補助金を通じて地元の自動車産業を支援してきました。当然、これは国内の自動車産業の競争力を高めました。さらに、米中貿易戦争により、消費者は外国企業が現地の文化的感覚を十分に理解していないと感じたため、現地ブランドに傾倒しています。また、トランプ前大統領が消費者に「バイ アメリカン」を呼びかけたように、中国政府は地元の消費者に中国車の購入を勧め、それが功を奏しました。

問題は、中国の消費者が自分の車の競争力を発見すると、自分のブランドに忠実になることです。しかし、このように要求が厳しく、多様で、大規模な消費者ベースを満たすために、中国の自動車メーカーは絶えず革新し、車両を拡大する必要があります。

たとえば、SAICは 2021年に6台のSUV、2 台のセダン、5 ドアのハッチバックなどの10の新しいモデルを導入しました。基本的に、ファッショナブルなSUVだけに焦点を当てるのではなく、すべての消費者セグメントをカバーしました。

スポンサーリンク

中国のために中国製

中国の自動車メーカーが多くの新車を発表している理由

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、2019年12月の「競争に勝つ: 中国の自動車市場がギアを変える」というタイトルのレポートで、世界の自動車会社が成功したいのであれば、中国戦略の一部を再考する必要があると強調しています。たとえば、現地化を優先したダイムラーと同様に、「中国のための中国製」の哲学を採用したり、価格戦略を修正したりすることなどです。

一言で言えば、グローバルな自動車メーカーは、中国で競争力を維持し、世界で最も収益性の高い自動車市場の1つで権力の座を維持したいのであれば、ギアをシフトして新しい戦略を採用する必要があります。より幅広いアプローチには、単に中国で新し​​いモデルを発表するだけではなく、より多くのステップが含まれる必要があります。

中国のCASE革命 2035年のモビリティ未来図
日本経済新聞出版
¥2,200(2024/06/25 17:35時点)
誰も乗ってくれません マグネットステッカー
enterhouse select
¥950(2024/06/25 17:36時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました