【意外と知らない】車のヘッドライトが2つある理由

【意外と知らない】車のヘッドライトが2つある理由 知識
この記事は約4分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

街を走る車にはヘッドライトが2つ付いています。しかし、なぜ車のヘッドライトは中央に 1 つではなく 2 つあるのでしょうか? さらに言えば、なぜ3つ以上付いていないのでしょうか? 詳しく見てみましょう。

馬車の時代にさかのぼる

【意外と知らない】車のヘッドライトが2つある理由

車に2つのヘッドライトがある最も明白な理由は、1つよりも2つあった方が明るいからです。ただし、これが唯一の理由である場合は、3番目のヘッドライト、または100個を使用しない理由はありません。 

車の 2 つのヘッドライトの起源は、馬車の時代にさかのぼります。自動車の黎明期、夜間の運転はばかげた行為でした。1896年に米国で最初に生産された自動車であるデュリエには、ヘッドライトがありませんでした。しかし、ヘッドライトの使用はまったく新しいものではありませんでした。

馬車にはアセチレンランプが付いていることもありました。これらの大きな動物の周りを明るくし、騎手は馬の両側に1つずつ、合計2つのランプを吊るしていました。

スポンサーリンク

合理的な配置

【意外と知らない】車のヘッドライトが2つある理由

最新のガソリン車のほとんどはフロントにエンジンが搭載されているため、ラジエーターグリルの両側にヘッドライトを配置するのは合理的な配置です。しかし、真鍮の時代には、一部の車は後車軸の後ろや運転席の下など、他の場所にエンジンを搭載していました。

これを念頭に置くと、自動車メーカーはヘッドライトをどこにでも配置できたはずです。しかし、再び自動車が大量生産されると、自動車メーカーは馬車の 2 つのヘッドライトのレイアウトに従いました。最終的に、2 ヘッドライト レイアウトは自動車業界全体で標準化されました。

また、エンジンがリアに搭載されている車でも、2 灯式のレイアウトは理にかなっています。車の前部にトランクが配置されているため、ヘッドライトを両側に配置することで、開口部を大きくすることができます。 

片切れ対策

車のヘッドライトが2つあるもう1つの理由は片切れ対策です。ヘッドライトの 1 つが切れたり故障したりしても、車は機能している方のヘッドライトを使って、夜間に安全に家に帰ることができます。 

スポンサーリンク

ヘッドライトが1つしかない車もある

【意外と知らない】車のヘッドライトが2つある理由

ヘッドライトは2灯が標準ですが、別のレイアウトの車もありました。特に、一部の初期の車にはヘッドライトが1つしかありませんでした。たとえば、1936年のシトロエン 2CVはシンプルさと軽量化のために、ヘッドライトがボンネットの運転席側に 1 つしかありませんでした。当時のフランスの法律では、ヘッドライトは 1つでも問題ありませんでした。

また、1955年に日本の富士自動車が発表した富士キャビンには、部品数の削減の為にヘッドライトが1つしか装備されませんでした。

さらに、1930年代、フェルディナンド・ポルシェ博士はオリジナルのフォルクスワーゲン タイプ 1 ビートルを設計する際に、さまざまなヘッドライトレイアウトを試しました。多くのポルシェモデルと同様に、ビートルはリアにエンジンを搭載していました。しかし、最終的に標準の 2 つのヘッドライト配置に落ち着きました。前述のように、各アウトボード フェンダーにヘッドライトを取り付けることで、フロントトランクの開口部を大きくすることができたからです。 

MG 機動戦士ガンダム アッガイ 1/100スケール 色分け済みプラモデル
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥8,731(2024/04/12 08:48時点)

↓これ結構楽ですよ。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
知識
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました