リコールはなぜ起こるのか?

リコールはなぜ起こるのか? コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

製品のリコールは、消費者に害を及ぼす可能性のある製品の、危険性や欠陥に対処するために製造業者または政府機関によって発行されます。リコールに関する情報を入手することは、自分自身だけでなく、同乗者や周りの車や歩行者の安全を確保するために不可欠です。

リコールについて調べるには、メーカーのホームページのリコール情報や、消費者庁や国土交通省のWebサイト、各種ニュースメディアなど、いくつかの方法があります。情報を入手して、自分自身と周囲の人々を守るために必要な措置を講じることができます。

リコールとは

リコールはなぜ起こるのか?

リコール制度とは、パフォーマンスや安全性に影響を与える問題が見つかった場合、自動車メーカーにより、回収・修理を行い、事故やトラブルを未然に防止する制度のことです。これは、設計上の欠陥、製造上の欠陥、安全上のリスクなど、さまざまな理由があります。いずれの場合も、リコールの目的は潜在的に危険な製品を流通から排除し、消費者に害を及ぼさないようにすることです。

スポンサーリンク

トヨタのアクセルのリコール

リコールはなぜ起こるのか?

2009年から 2010年にかけてのトヨタの意図しないアクセルのリコールは、自動車史上最大のリコールの1つでした。これは、トヨタ車での急加速が原因で、事故や死亡事故が発生したという報告を受けて開始されました。問題の根本的な原因は、アクセル ペダルが動かなくなる原因となるフロア マットの挟み込みや、アクセル ペダルが動かなくなる可能性のあるアクセル ペダル自体の設計上の欠陥などの要因の組み合わせでした。

トヨタは当初、影響を受けた車両のフロアマットをリコールして修正することで、フロアマットの挟み込みに対処しました。しかし、さらなる調査により、アクセルペダルの設計上の欠陥も意図しない加速に寄与していることが明らかになりました。その結果、トヨタはこの問題に対処するために何百万台もの車両をリコールし、アクセル ペダルの設計を変更しました。

意図しない加速はトヨタの評判に大きな影響を与え、その結果、同社は複数の訴訟や調査に直面しました。しかし、同社は問題に対処し、品質管理プロセスを改善するための措置を講じました。それ以来、世界最大かつ最も尊敬される自動車メーカーの1つとしての地位を取り戻しました。

タカタ製エアバッグのリコールが広まり、多くの結果をもたらした

リコールはなぜ起こるのか?

2013年から 2017年にかけて開始されたタカタのエアバッグリコールは、自動車史上最大かつ最も複雑なリコールの1つです。このリコールはエアバッグのインフレータが破裂し、乗員が負傷または死亡したという報告がきっかけでした。根本的な原因は、エアバッグのインフレータで噴射剤として使用される硝酸アンモニウムの欠陥であり、衝突時に破裂する可能性がありました。

リコールは、ホンダ、トヨタ、日産、フォードなど、さまざまな自動車メーカーの数百万台の車両に影響を与えました。リコールが複雑になったのは、タカタのエアバッグが広く使用されていることと、どのインフレータが欠陥の影響を受けているかを特定する必要があること、および硝酸アンモニウムが時間の経過とともに劣化し、古い車では破裂のリスクがより深刻になる可能性があるという事実によるものです。

リコールの結果、タカタは複数の調査と訴訟に直面し、最終的に会社は破産を申請しました。リコールは影響を受けた自動車メーカーにも大きな影響を与え、リコールへの対応と問題への対応の遅さについて批判に直面しました。

[図解]トヨタの片づけ
中経出版
¥1,026(2024/04/15 11:33時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました