なぜ我々はちょっとだけガソリンの匂いが好きなのか?

なぜ我々はちょっとだけガソリンの匂いが好きなのか?コラム

ガソリンの匂いって何かちょっと良くないですか?ガソリンのにおいが体に悪いことはわかっていますが、寒い朝にそよ風に乗って少量のガソリンを吸うと、心地よく、ちょっとした慰めになることさえあります。

この記事では我々はちょっとだけガソリンの匂いが好きな2つの理由と、その危険性について解説していきます。

スポンサーリンク

なぜ私たちはガソリンのにおいが好きなのか? 

なぜ我々はちょっとだけガソリンの匂いが好きなのか?

もちろん、誰もがガソリンのにおいが好きというわけではありません。しかし、確かにガソリンの匂いを好む人も多くいます。リバプール大学の研究者によると、この理由は心理的および生理学的の両方にあるようです。 

プルースト現象について聞いたことはないでしょうか?フランスの作家マルセル・プルーストにちなんで名付けられたこの現象は、匂いが引き金になって、意図せず何かの記憶が呼び起こされる現象のことです。これは、私たちの嗅覚系が、感情と記憶を扱う脳の一部 (扁桃体と海馬) に十分近いためです。ガソリンは郊外にお住まいの方や車好きの生活のどこにでもあるので、ガソリンに関連する多くの思い出があるでしょう。

スポンサーリンク

脳はが私たちを騙しているのかも?

【驚きの研究結果】車を運転すると頭が良くなる!?

もちろん別の見方もあります。私たちは本当はガソリンのにおいがまったく好きではなく、脳はが私たちを騙しているのかもしれません。

科学者たちは、ガソリンに含まれる少量のベンゼンが代謝システムを麻痺させ、短い多幸感をもたらすと理論付けています。これにより、ガスの匂いと多幸感との間につながりが生まれます。

身近な例として、ガソリンの匂いが「好き」な人は、もしかしてマニキュア、ペンキ、テニスボールの匂いも好きなんじゃありませか?これらのものに共通する化学物質は何だと思いますか?そう、ベンゼンです。 

スポンサーリンク

ベンゼンは体に悪いのか? 

なぜ我々はちょっとだけガソリンの匂いが好きなのか?

ベンゼンは人間にとって非常に有毒です。アメリカ国立衛生研究所は、人々がこのようなものを吸いすぎると、「短期記憶、注意力、反応抑制、問題解決の障害」を引き起こし、長期的な影響を引き起こす可能性があると警告しています。

また低濃Page 2度のベンゼンを長期間吸い込むと血液のがんである、白血病を引き起こす可能性があることがわかっています。

確かにガソリンの匂いは時に良い気分にしてくれますが、吸いすぎは要注意です。

PLOW ガソリン携行缶 アーミーグリーン (20L)
PLOW(プラウ)
¥5,980(2023/10/02 11:36時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
CAR TRENDをフォローする
スポンサーリンク
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました