【理科で習った?】冬にタイヤの空気圧が変動する理由

冬 タイヤ 知識
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

冬の運転にはあらゆる種類の危険と危険が伴いますが、寒さがタイヤの空気圧に与える影響については、あまり考えられていないのではないでしょうか。それにもかかわらず、冬の天候は車両のタイヤに影響を与え、多くの場合低圧になります。それがなぜ起こるのか、そして低圧のタイヤで運転する際に注意すべきことについて見ていきましょう 

冬にタイヤの空気圧が変動するのはなぜか?

冬タイヤ

冬にタイヤの空気圧が低下することを知らない人もいるかもしれません。理科の授業で習った方も多いかと思いますが、空気は暖めると膨らみ、冷やすと縮みます。その原理はタイヤの中の空気にもあてはまります。気温が10度下がると、タイヤ空気圧も10kPa下がると言われています。さらに、タイヤ空気圧警告灯は気温が低いと空気の密度が高くなり、タイヤの圧力が低下するため、寒い天候では消灯する可能性があります。

スポンサーリンク

タイヤの空気圧が低い状態で運転することの危険性と利点

雪 車

空気圧不足のタイヤでの運転には多くの危険が伴います。車のタイヤ空気圧警告灯が点灯した場合は、真剣に受け止める必要があります。リスクには、タイヤが故障する可能性が高くなる、ハンドリングが損なわれる、タイヤの摩耗が増えるなどがあります。また、タイヤの空気圧が低下すると、車両の燃費が低下する可能性があります。 

タイヤの空気圧を下げると雪道の運転が楽になると思っている人もいますが、そうではありません。ただし、圧力を下げると、いくつかの利点が得られる場合があります。何よりもまず、タイヤがパンクする可能性をいくらか低くす​​ることができます。熱心なオフローダーの場合は、タイヤの空気圧を下げると岩場でのトラクションが向上することがあります。 

とはいえ、メリットよりも危険性の方がはるかに大きいため、警告灯が点灯した場合は、できるだけ早くタイヤを点検してください。 

冬の運転に備えて車を準備するためのヒント

冬 タイヤ

もちろん、車のタイヤの空気圧を監視することは、冬の運転に向けて車を準備するために取るべき手順に関して言えば、初歩的なものにすぎません。寒くて雪の多い気候に住んでいる場合にすべき最も重要なことの1つは、スタッドレスタイヤを取り付けることです。冬用タイヤは、雪に覆われた道路を走行する際に、四輪駆動車よりも優れています。

タイヤといえば、冬のコンディションに出かける前に、トレッドもチェックする必要があります。十分な牽引力を確保することほど雪の中で重要なことはありません。 

冬 車 トラブル

危険な冬の運転条件では、適切に機能するブレーキも必要です。つまり、十分なブレーキ液があり、ブレーキパッドが良好な状態であることを確認する必要があります。車のアンチロックブレーキシステムをチェックすることも不可欠です。道路が滑りやすくなったときに危険なスリップを回避するのに役立つからです。 

また、冬が近づくにつれ、バッテリーを万全の状態に保つことをお勧めします。寒さでバッテリーのエネルギーがなくなったために、無数のドライバーが立ち往生しています。

冬はドライバーにとって深刻な課題となる可能性がありますが、適切な知識と準備があれば、事故なくシーズンを乗り切れる可能性が高くなります。 良いウィンターシーズンを!

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
知識
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました