【ご存じですか??】冬に車を洗うヒントを集めてみた!!

冬便利グッズ

洗車は、お車の仕上がりや外観の美しさを保ち、楽しさと車のリセールバリューを高める重要なメンテナンスの1つです。夏に洗車するのは簡単ですが、冬に洗車するのは難しい場合が多く、特に寒い気候の場合はなおさらです。冬の雪や氷の影響を受ける道路で車を運転する場合、運転をより安全にするための塩カル処理による腐食を防ぐために、道路がきれいになったらすぐに洗車することが重要です。したがって、冬に洗車するのは楽しくありませんが、これらのヒントは雑用をより簡単にするはずです。

1. 適切な服装をする

冬 洗車 作業服

冬に屋外に出るときは、衣服を重ね着することを今では誰もが知っているはずです。軽量の衣服を何層にも重ねることで、変化する気温や体温に応じて、1つか2つの層を追加または削除できます。対照的に、セーターと厚手のコートだけを着ると、服装に柔軟性の余地がなくなります.。

ウールの衣類は、濡れても暖かさを保ちます。暖かい素材のトップスや、ソックス、グローブなどは、洗車中に汗をかいても体を暖かく保ちます。さらにレインジャケット、レイン パンツ、滑り止めのゴム長靴などの防水服を着用すると、服装が完成します。あっ、耳を覆う暖かい帽子をかぶることを忘れないでください。

2. 冬に洗車する場合は車も温める

冬 洗車 暖房

洗車する場所の温度が氷点下の場合は、始める前に車を暖めることをお勧めします。暖房をつけたままドライブに行くか、外で暖めましょう。車内が暖かいと、車につけようとしている水が凍るのを防ぐのに役立ちますが、あまりにも寒い日は、暖かい日を待つ必要があるかもしれません。 

車を温めることを考えながら、洗車バケツにぬるま湯とメーカー推奨の洗車用洗剤を入れます。ぬるま湯は車の汚れや汚れをほぐすのに役立ち、スポンジを絞るたびに手が感謝します。

3. 車の下側に注意を払う

整備

車の下側には、こびりついた泥、その他の汚れ、破片、過酷な冬の道路処理化学物質や塩が集まり、車の金属基盤を侵食するあらゆる場所が含まれます。通常、車の下側は、外装の塗装やワックスがけされた表面に比べてほとんど保護されていません。 

少なくとも、庭のホースまたは高圧洗浄機を使用して、車の下側をできるだけ多く噴霧する必要があります。特に、タイヤハウジング、サスペンション、およびホイールの裏側に注意してください。

4.除氷ウォッシャー液を使用する

寒冷地に住んでいる場合は、フロントガラスのウォッシャー液リザーバーに除氷ウォッシャー液を入れる事をお勧めします。車両を洗浄し、外装と足回りをすすいだ後、フロントガラスウォッシャーを作動させ、「ワイパーを作動させた状態で 10 秒以上」スプレーします。フロントガラスのワイパーアームがウォッシャー液でコーティングされ、天候が悪化したときに氷が蓄積しないようにすることが目的です。 

5. ドアや窓の凍結防止

窓

洗車が終わったら、サンルーフ、ボンネット、トランク、ハッチバック、燃料ドアなどのドアと窓を開けます。古いタオルを用意するか、専用の布を購入し、ゴム製のシールをできるだけ乾かします。太陽が輝いている場合は、すべてを閉じる前に、開いたままにして空気乾燥させます。 

6. 冬用専用ワックスを塗る 

コーティング

シールが乾燥している間は、車の外装にワックスを塗る絶好の機会です。どんなカーワックスもワックスなしよりはましですが、冬用ワックスの配合を使用すると、車の外装仕上げに対する冬の攻撃に耐えることができます。いつものように、車両の洗浄とワックス掛けに関する詳細については、取扱説明書を確認してください。 

7. 業者に依頼する

洗車

誰かを雇って車を洗って細部まで仕上げてもらうオプションは常にあり、インターネット (またはイエローページ) で検索するだけで、ガソリンスタンドや洗車屋さんがみつかります。寒いのはごめんだ!という方で、お財布が許すのならこちらの選択肢も視野に入れておくのが良いでしょう。

冬の洗車方法は何がいい?

専門家を雇って洗車してもらうことが、仕事を終わらせる最善かつ最も簡単な方法であることは間違いありません。ただし、これは最も高価な選択肢でもあり、多くの場合、自動洗車の一般的なコストの 5 倍以上の費用がかかります。費用を抑えたい場合は、お住まいの地域で開いている自動洗車機を見つけることも良い選択肢です。 

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
便利グッズ
スポンサーリンク
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました