【あったら便利】寒い日の通勤に最適な車の機能とは?

冬 車 コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

寒い天候や氷や雪などの悪条件での運転は、特に車にシートヒーターなどの寒さをしのぐための機能がない場合、深刻な不便を招く可能性があります。ただし、必要なものがわかっている場合は、室内の快適さと確実な機能を備えたセダンを見つけて、車を雪や冬に適した状態に保ち、AWDなど、寒い天候の通勤に備えることができます。

寒い季節に車に求める快適な車の機能とは?

シートヒーター

寒い日の通勤を快適にするには、優先すべき機能がいくつかあります。まず、シートヒーターは、完全に機能するヒーターに加えて、乗客を暖かくするのに役立ちます。幸いなことに、シートヒーターの人気が高まっており、カローラのような手頃な価格のセダンでさえ、この機能を搭載することができます。

次に、ステアリングヒーターがあると、運転が少し快適になります。さらに、中古の高級車は、信頼性のギャンブルではありますが、値段の割に高性能な快適機能を味わう事が出来、コストパフォーマンスにすぐれている可能性があります。 最後に、リモートスタートは、ドライバーが寒い車内に座っていなくても車内を暖めるのに役立ちます。もちろん、リモートスタートなどの車の機能は、対応している車でのみ機能し、運転前の走行時間によっては、車の環境への影響が大きくなる可能性があります。 

スポンサーリンク

寒い季節に最適な安全機能とは?

冬 車 トラブル

寒い天候や雪などの悪条件に対応する車に求められる最高の機能の 1 つは、全輪駆動 (AWD) または 4 輪駆動 (4×4) です。幸いなことに、スバル レガシィやアウディ A4などの多くのセダンには AWD が装備されています。さらに、多くの車には、スバル アウトバックのようなスノー モードを含むドライバー アシスタンスが用意されています。 

もちろん、すべてのドライバーは、自分の車が道路状況に適したタイヤを装着していることを確認する必要があります。たとえば、住んでいる場所によっては、冬用タイヤまたはスタッド付きスノー タイヤが、冬の道路状況に備えて車を準備するための最良の方法である場合があります。AWD は車の便利な機能ですが、グリップのない車はスライドしたりスタックしたりする運命にあります。 

雪や氷の中で運転するために避けた方がよい乗り物や車の特徴は?

冬 タイヤ

スポーツ志向の車両のファンにとって残念なことに、最新のマッスルカーのような車両は、雪や氷を扱うのに最も適していない車両の一部です. たとえば、シボレー カマロ SSにはシート ヒーターが付いている場合がありますが、滑りやすい路面を移動するのに最適なプラットフォームではありません。代わりに、ドライバー支援スイートを備えたAWDまたは4×4は、スポーツ志向のマッスルカーよりも悪天候で優れたパフォーマンスを発揮します。

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました