海外YouTuber、大破したテスラ・モデルSを究極のゴーカートに変える

海外YouTuber、大破したテスラ・モデルSを究極のゴーカートに変える コラム
この記事は約3分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

テスラ・モデル S プレイドは市場で最高の電気自動車の1つですが、この YouTuber にとってはそれだけでは十分ではありませんでした。

BoostedBoizという名前で活動するカイル・ウェイドは、車体にかなりひどいダメージを受けたモデル Sプレイドを購入。それを解体して、究極のゴーカート、「サイバーカート」に変えることにしました。

テスラカートはどのように作られたのか

海外YouTuber、大破したテスラ・モデルSを究極のゴーカートに変える

ウェイドは車が到着してから試運転がてら0-60マイル加速を試みます。テスラ・モデルSが速いことは周知の事実です。ウェイドが実際の状況で達成できた最速は 2.31 秒でしたが、カタログ値での0-100 km/h加速は1.9秒で、フェラーリ・SF90ストラダーレの2.16秒よりも0.25秒も速い数値です。これでいてフェラーリよりも800kgも重いのですから、なおさら驚異的な数値です。

ウェイドは、テスラ・モデル S プレイドの限界を押し広げ、さらに速くすることを目標としました。そこで、できる限り簡単で最も費用対効果の高い方法、つまり体重を減らすことを実行しました。ドアと内装を取り外し、彼は車から約320kgの重量を削り取ることに成功し、最終重量は約1830kgになりました。

海外YouTuber、大破したテスラ・モデルSを究極のゴーカートに変える

驚くべきことに、車重の軽量化は悪影響を及ぼしました。車はトラクションを得るのに苦労し、ゼロから60マイルまでのスプリントは2.35秒にまで悪化したのです。ウェイドによれば、トップエンドでは軽量化した車の方が速く感じられたと言います。これに関して彼は、純正タイヤのミシュラン パイロット スポーツ 4Sが限界に達しただけと推測しています。

スポンサーリンク

さらなる厳しいダイエット

海外YouTuber、大破したテスラ・モデルSを究極のゴーカートに変える

次に、ウェイドはノコギリを使って車体重量を減らすことにしました。意外なことに、車体の残りの部分を切り落としても、車重はそれほど減りませんでした。そしてガラスルーフ、ガラスリアウインドウ、リアクォーターパネル、スチール製Bピラー、そして残りのアルミボディを取り外すと、重量はさらに86kg(そのうち40kgはガラスルーフのみ)軽くなりました。ケージと追加の構造補強材を除いた車両重量はなんと1750kgになり、ノーマルよりも約400kgの軽量化に成功しました。これは電気自動車がいかに重いかを物語っています。

サーキットでテスト

海外YouTuber、大破したテスラ・モデルSを究極のゴーカートに変える

サイバーカートの製作にウェイドは4日間を要しました。最終的には、ロールケージが取り付けられ、彼は新しい作品をサーキットでテストする時が来たと判断しました。

モデルSプレイドはまず、時速148マイル(238km/h)で1/4マイルを9秒33で走りました。何度か走ってタイヤとバッテリーを温めると、サイバーカートは同じ1/4マイルを8.83秒、時速149.43マイル(240km/h)で走ることができました。また、0-60マイル加速ははわずか1.87秒に短縮されました。ちなみに、これは約4億円のリマック・ネヴェーラと同程度のスピードですが、馬力は約半分です。

結局のところ、この車にはフロントバンパーもボンネットもドアもないので、ウェイドは、空力性能の低さによるトップスピードの圧倒的な差を考えれば、さらなる改良が可能だと考えています。

関連:テスラに発電機をブチ込んで航続距離が信じられないくらい爆上がり!しかし…

HKS流エンジンチューニング法
グランプリ出版
¥2,640(2024/07/23 13:55時点)

出典:BoostedBoiz

この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラム
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
タイトルとURLをコピーしました