忘れ去られた90年代のガルウィングメルセデス: ボシャート B300ガルウィング

忘れ去られた90年代のガルウィングメルセデス: ボシャート B300ガルウィング コラム
この記事は約5分で読めます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。
※当ブログでは商品・サービスのリンク先にプロモーションを含みます。

ガルウィング メルセデスの歴史

トヨタ博物館にて

1953年、メルセデス・ベンツは300SLモデルでガルウィングドアを採用し、その美しさと革新性で世界中の注目を浴びました。しかし、1950年代に生産が中止された後、メルセデスはガルウィングドアを持つ車を製造しない道を選びました。これはデザイン上の選択ではなく、車の構造上の制約によるものでした。ガルウィングドアを採用することで、車の管状フレームが損なわれる可能性があったためです。その結果、メルセデス・ベンツは量産車におけるガルウィングドアの再導入に約60年を要しました。

スポンサーリンク

ボシャート B300ガルウィングの誕生

忘れ去られた90年代のガルウィングメルセデス: ボシャート B300ガルウィング

300SLの生産終了から2010年にSLS AMGが初公開されるまでの間、メルセデスはガルウィングドアを持つコンセプトカーを制作しましたが、一般向けの製品としては実現しませんでした。ガルウィングのメルセデスを手に入れるためには、Styling Garageなどのチューナーに依存する必要がありました。その中で注目すべき1台が、500GSガルウィングでした。

この車は本稿でご紹介するボシャート B300ガルウィングを制作したドイツのエンジニア、ハルトムット・ボシャートにインスピレーションを与えました。

ハルトムット・ボシャートはイタリアのコーチビルダー、ザガートの協力を受け、ガルウィングドアを備えた4人乗りのメルセデスEクラス、ボシャート B300ガルウィングを構築し、1989年のフランクフルト国際モーターショーでボシャート B300を発表しました。オリジナルの300SLほど壮観ではありませんでしたが、芸術的な価値は誰もが認めるものでした。

改造の魔法

忘れ去られた90年代のガルウィングメルセデス: ボシャート B300ガルウィング

ボシャートはプロジェクトのベースとして1988年製のメルセデス・ベンツ W124 300CEを選びましたが、ガルウィングドアの取り付けは容易ではありませんでした。車両の構造を根本的に変更する必要があり、ホイールベースを短縮し、CピラーをAピラーに近づけるなど、多くの加工作業が行われました。さらに、フレームの強化や新しいフロントエンドの追加など、構造的な変更も行われました。

スポンサーリンク

エンジンのパワーアップ

忘れ去られた90年代のガルウィングメルセデス: ボシャート B300ガルウィング

ボシャートはエンジンにも手を加え、185馬力から283馬力に出力を増加させました。この増加は2つのギャレットターボチャージャーを取り付けることで実現し、高回転域と低回転域での効果的なパワー供給を実現しました。トルクも増加し、リニアなパワー供給が実現されました。

外装と内装のアップグレード

忘れ去られた90年代のガルウィングメルセデス: ボシャート B300ガルウィング

ボシャート B300ガルウィングは外装色のカスタマイズや内装の見直しも行われ、ボーナイトの外装色と特別な内装が施されました。さらに、ボシャートのロゴがメルセデスのロゴに置き換えられ、車をオリジナルと区別する要素となりました。

スポンサーリンク

B300のオーナーが車を購入して破産寸前に

忘れ去られた90年代のガルウィングメルセデス: ボシャート B300ガルウィング

1989年、ティノ・ゾフコさんは自動車雑誌で偶然目にした1台の車に心を奪われました。それがボシャート B300ガルウィングでした。美しいデザインと革新的なガルウィングドアに魅了され、彼はこの車を自分のものにしたいという夢を抱きました。

10年後、ティノ・ゾフコさんはインターネットで偶然、ボシャート B300ガルウィングが1台しか存在しないことを知り、その1台がebayに出品されてることに気づきました。彼はその車を手に入れることを決意しましたが、資金が足りませんでした。彼は自身の財産のほとんどを売却し、親戚や銀行からお金を借りましたが、まだまだ足りませんでした。しかし、3か月後に支払わなければならない期限が迫っていたため、彼は売り手に購入の猶予を頼むことに成功しました。最終的に、彼の父親が残りの資金を提供してくれました。

ティノ・ゾフコさんは借金を抱え、破産の危機に瀕しましたが、彼にとっては子供の頃からの夢を実現するための決心が最終的に報われた瞬間でした。ボシャート B300ガルウィングを手に入れることで、彼は夢の車を所有する幸運な数少ない人の一人となりました。その価値と情熱は、すべての自動車愛好者に共感を呼び起こすものでしょう。

オークションへの登場

忘れ去られた90年代のガルウィングメルセデス: ボシャート B300ガルウィング

ボシャート B300ガルウィングは、2023年11月25日にRMサザビーズのオークションに登場する予定です。内装と部品の修復が行われ、新しい塗装が施されています。このユニークな車を手に入れるには、かなりの財力が必要です。競売業者は、この車が最高32万ドル(約4763万円)で落札されると予想しています。

スポンサーリンク

まとめ

ガルウィングメルセデスの歴史と、その忘れられた90年代の復活を象徴するボシャート B300ガルウィングについての興味深い物語です。この車はガルウィングドアとパワフルなエンジン、カスタマイズされた外装と内装で魅力的な存在となりました。そして、夢を追い求める熱烈なギアマニアの物語として、その所有者の決意と犠牲も語られています。ボシャート B300ガルウィングのオークションに注目が集まり、その価値が評価されることでしょう。

ジク (SIKU) メルセデス・ベンツ 300SL SK1470
Siku(ジク)
¥825(2024/06/25 19:22時点)
この記事を書いた人

1999年 東京生まれ。幼少期を自動車大国アメリカで過ごし、車に興味を持つ。レンタカー屋やBMW正規ディーラーを経て都内高級中古車ディーラーに勤務。愛車はGR スープラ RZ。

CAR TRENDをフォローする
コラムチューニングカー
スポンサーリンク
シェアする
CAR TRENDをフォローする
CAR TREND
タイトルとURLをコピーしました